トラリピ 為替FX

【トラリピQ&A】トラリピ&らくトラのトラップ本数の上限は何本まで?

2018/11/16

引用元:マネースクエア





かつて、私は為替FXでは完全に負け組でしたが、自動売買ツールを使うようになってからは利益を出せるようになってきました。

ちなみに、私が使い始めた為替の自動売買ツールは「トラリピ(らくトラ)」です。トラリピは少し勉強すれば誰でもカンタンに使えますし、安定した収益が期待できるのでオススメです。

また、トラリピとらくトラは仕掛けられるトラップ本数もしっかり設けられるので、とても使いやすくなっています。

今回のブログはトラリピ&らくトラの仕掛けられるトラップ本数の上限についての解説です。

あと、トラリピがよくわからない方のために、トラリピの解説も付け加えております。ぜひご覧ください。

トラリピ&らくトラのトラップ本数の上限は何本まで?

平成28年11月16日

【FX】トラリピ/らくトラ注文のトラップ本数上限変更のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、多くのお客様にご利用いただいております当社独自の発注管理機能であるトラリピ®(トラップリピートイフダン®)注文ならびにらくトラ®(らくらくトラリピ®)注文につきまして、1回の発注トラップ本数を増やしてほしいとのご要望にお応えして、本数の上限を下記の通り変更することといたしましたので、お知らせいたします。

変更前 変更後
2016年11月18日まで 2016年11月19日以降
最大25本/1回あたり 最大99本/1回あたり

引用元:マネースクエア

変更前までトラップをたくさん仕掛けたいユーザーは大変だったでしょうね。私もたくさんトラップを仕掛けたい派なので25本だと物足りないですね。

今では99本も注文できるので、これだけあれば細かくトラップが仕掛けられるので、しっかりとした利益も期待できます。

あなたもトラリピ&らくトラを使用される場合は、しっかりと計画した上でたくさんトラップを仕掛けて積極的に利益を求めていきましょう。

「ていうか、そもそもトラリピって何?」というあなたのために、トラリピについても解説しておきたいと思います。

マネースクエア

 

そもそもトラリピって?

引用元:マネースクエア

トラリピは忙しいあなたをサポートします

24時間動くFXのマーケット。通勤中も仕事中も家事をしている時も寝ている時だって動いています。「FXって面倒?」…いいえ、トラリピがあなたの悩みを解決します。

では、トラリピって何?…買う価格と売る価格を決めたら、それを繰り返すという注文。これが「リピートイフダン」。

リピートイフダンを広い範囲でたくさん並べて利益をどんどん確定。あなたに代わって24時間、システムが注文を繰り返します。

値動きに対して広く罠を仕掛けるように、リピートイフダンを並べたら自動で注文を繰り返す。これがトラップリピートイフダンです。トラップリピートイフダンは「トラリピ」という略称で親しまれています。

トラリピは忙しいあなたをサポート。…本を読んだり、仕事に専念したり、ゆっくり家事をしたり、ぐっすり眠ったり。暮らしを邪魔しないFXを実現します。

「運用したい。でも時間がない。」というあなたに。マネースクエアの独自注文「トラリピ」を使ったFXを始めてみませんか?

引用元:マネースクエア

解説動画はご覧いただけましたか?念のため、解説動画がすぐに観れないというあなたのために動画の文章化もしておきました↑。

自動売買ツールの「トラリピ(トラップリピートイフダン)」によって為替FXがとてもカンタンかつ楽しくなります。一度設定してしまえば基本的に放置で良いですし。

とはいえ、トラリピは通貨ペアを選んだり、売り仕掛けか買い仕掛けか選んだり、仕掛けるレンジ幅や本数を決めたりと、取引を開始するまでにやることは少なくありません。

ですので、トラリピの様々な機能についても順を追って解説していきたいと思いますのでご安心ください。

もし、トラリピの注文までしっかり学びたいというあなたのために、注文画面の画像付き解説をまとめた記事も別にご用意しております。(→コチラをご覧ください)

カンタン解説動画を観てトラリピに関心が湧いてきたというあなた。まずは事前に口座開設しておきましょう。

マネースクエア

 

トラリピ|決済トレールを理解しよう

引用元:マネースクエア

トラリピには「決済トレール」という優秀な機能も付いています。決済トレールとは、あなたが設定した注文の利益を最大限伸ばすことができる機能です。

トラリピでは「売り」「買い」で注文ポジションを複数設定しますが、その設定において利確幅も自分であらかじめ決めておくことができます。

そこで、決済トレールを追加で設定しておくと、あなたが設定した利確幅よりも利益が伸びそうな相場の時は利確せずにポジションを維持し続けてくれます。

そして、利確幅よりも伸びた相場が逆転しそうな局面になった時点で利確する。というのが決済トレールの特長です。

ちなみに、決済トレール設定は注文時に付けるか決められます。自分が決めた利益幅で着実に利確してほしい場合は外しておくことも可能です。私は付けてますが。

私の説明では少しわかりづらいと思いますので、動画をあわせてご覧いただければ決済トレールについて理解が深まると思います。必ず決済トレールを理解しておきましょう。

ここまで読んでトラリピを使ってみたくなったというあなた。まずは事前に口座開設しておきましょう。

マネースクエア

 

トラリピ|らくトラ運用試算表を使いこなそう!

引用元:akilog

トラリピの口座開設が完了したらすぐ注文したくなりがちですが、いきなり注文するのはあまりに危険です。トラリピの注文は少しコツなどを理解する必要があります。

具体的には、トラリピの注文には「買いトラリピ」「売りトラリピ」「決済トレール」「ストップロス」など、注文前に十分理解を深めるべきことが結構あります。

とはいえ、実際にあれこれ試しに入力してみないとイマイチよくわからないのも事実です。ですが、実際の注文画面での試算は誤注文の危険があるのでオススメできません。

そこで、実際の注文前におすすめしたいのが「らくトラ運用試算表」の活用です。らくトラ運用試算表とは名前のとおり、あなたの資産を運用する資産ができる無料ツールです。

もちろんですが、らくトラ運用試算表はあくまでデモ画面なのでいくら入力しても大丈夫ですし、誤注文に繋がることも絶対にありませんのでご安心ください。

しつこいですが、いきなり注文画面を使わないことです。注文前にらくトラ運用試算表でたくさんのパターンを試算してから注文に臨みましょう。

らくトラ運用試算表についても動画をしっかり確認しておきましょう。また、らくトラ運用試算表については別記事にて実践形式で解説していきます。

らくトラ運用試算表を実際にいじってみたいというあなた。まずは事前に口座開設しておきましょう。

マネースクエア

 

トラリピ|おすすめの通貨ペアは?選択条件は?

トラリピの取扱い通貨ペア

引用元:マネースクエア

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • NZドル/米ドル(NZD/USD)
  • カナダドル/円(CAD/JPY)
  • 英ポンド/円(GBP/JPY)
  • トルコリラ/円(TRY/JPY)
  • 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)

ご覧の通り、トラリピで扱える通貨ペアは豊富にありますので、どれを選べばいいか正直迷うと思います。

ですので、通貨ペアを選択する上でおすすめの条件と、おすすめの通貨ペアについて具体的に解説しておきます。

おすすめしたい通貨ペアの選択条件

トラリピはたくさんの通貨ペアから選択することができますが、どれを選択すべきか迷いますよね?

少なくとも、選択する条件やコンセプトをしっかり考えて通貨ペアを決めるべきです。とはいえ、条件やコンセプトはたくさん考えられます。

また、ハイリスクハイリターン相場での短期集中型とか、高金利の通貨を選びたいとか、選択条件にしっかりしたあなたのコンセプトがあれば、それはそれで問題ないと思います。

ちなみに、トラリピを運用する上で私がおすすめしたい選択条件は「レンジ相場の傾向が強い通貨ペア」であることです。

レンジ相場とは、一定の価格幅でレートが上下動を繰り返す相場のことです。箱に収まっているようなのでボックス相場とも呼ばれたりもします。

トラリピの自動売買ロジックとの相性から考えても、レンジ相場の傾向が強い通貨ペアを選択すれば比較的安定的に継続して利益を出すことができると私は考えています。

おすすめの通貨ペアは?

引用元:tradingview

数あるトラリピの通貨ペアから、レンジ相場の観点からおすすめしたいのは「NZドル/米ドル(NZD/USD)」です。

過去3年間のNZD/USDのレンジ幅は「およそ下限0.6~上限0.8円」程度となっており、非常に狭いレンジで価格の上下動が繰り返されています。トラリピで仕掛ける通貨ペアとしてはとても理想的です。

また、この記事の掲載時点のNZD/USD価格は「0.67438円」ですから、ちょうど中間地あたりを位置しています。

もちろん、NZD/USDレンジ幅の上限や下限が拡がる可能性は十分考えられますので注意が必要ですが、ここ数年レベルでみると凄く安定したレンジ相場でイチオシです。

ちなみに、おすすめのレンジ相場の通貨ペアNZD/USDで「らくトラ運用試算表」を使ってみた記事はコチラをご覧ください。

あと、らくトラ運用試算表を実際に使ってみたいあなたは事前に口座開設しておきましょう。

マネースクエア

 

まとめ

今回のブログはトラリピ&らくトラのトラップ本数の上限についてのお話でした。

ちなみ、(設定は少々異なりますが)私も解説どおりに30万円分の注文を完了して実践を開始しています。始めたところなので、トラリピの損益報告も随時していきたいと考えてます。

また、私は為替FXにおいてレンジ相場の自動売買ツールを使うのが好きで、トラリピであれば「NZD/USD」がレンジ相場の観点からおすすめです。

ちなみに、トラリピ以外でおすすめのレンジ相場は「豪ドル/NZドル」です。豪ドル/NZドルであれば「トライオートFX」の自動売買ツールの使用がかなりおすすめです。

トライオートFXについても別記事にまとめてますので、お時間がございましたらご覧ください。

【トライオートFX 豪ドル/NZドル|損益公開】2018年10月15日~

【トライオートFX|自動売買】FX投資でお悩み中のあなたへ

-トラリピ, 為替FX

トライオート

  関連記事

関連記事

【トライオートFX 豪ドル/NZドル|損益公開】2018年10月29日週

私は為替FXで損失を出していましたが、トライオートFXを使うようになってからは利益を出せるようになりました。 といっても、2018年10月15日からはじめたところなので、まだまだ微益ではありますが、し …

【トライオートFX 豪ドル/NZドル|損益公開】2018年10月総括

私は為替FXで損失を出していましたが、トライオートFXを使うようになってからは利益を出せるようになりました。 といっても、2018年10月15日からはじめたところなので、まだまだ微益ではありますが、し …

【トライオートFX 豪ドル/NZドル|損益公開】2018年11月05日週

これまでの私は為替FXでは完全に負け組で、いつも損失ばかり出していました。ですが、トライオートFXを利用してからは安定して利益を出せるようになりました。 今回のブログでは、2018年11月05日週の私 …

【トラリピセミナー実際に受けてみた】はじめてのトラリピの方向け編

(マネースクエア ロビーの写真) あなたは「トラリピ」についてご存知でしょうか?トラリピとはマネースクエアが提供している為替FXの自動売買ツールです。 たしかに。為替投資で失敗して損している方は少なく …

【トライオートFX 豪ドル/NZドル|損益公開】2018年11月12日週

これまでの私は為替FXでは完全に負け組で、いつも損失ばかり出していました。ですが、トライオートFXを利用してからは安定して利益を出せるようになりました。 今回のブログでは、2018年11月12日週の私 …

トライオートFX

トライオート

マネースクエア

マネースクエア

DMM

アルトコインファイターFX

アルトコインファイターFX


会社勤めが体質的に全然合わずに30代で早期リタイアした投資組。アルトコインを大量保有中(XRP/XEM等)。Twitterで仮想通貨のトレンドライン定期発信中。有益情報垢もフォロー中。トライオートFXとトリラピも始めたファイター。

アドセンス広告




トライオート マネースクエア